So-net無料ブログ作成

アドリア・ベルナベ ~可愛い顔したライジングスター~

第三十六回
アドリア・ベルナベ
2001/5/26 スペイン
FCバルセロナ下部インファンティルB所属

アドリア・ベルナベ.png

今年の8月、サッカー界の大人達が選手獲得に躍起になっている頃、
そしてシーズン開幕に向けて慌ただしさも見せる夏の終わり、
日本でU-12ジュニアサッカーワールドチャレンジは行われた。
場所は味の素スタジアム、
その日会場に集った観客は子供達を中心に約4千名。
まだ暑さの残る中、若武者達がしのぎを削っていた。

今回紹介するのは、その中でも筆者が特に「凄いな」と感じた選手。
バルサ・カンテラのアドリア・ベルナベ選手。
金髪でエレガントな顔立ちに、あどけなさを大きくプラスした、
とても愛くるしい見た目の子で、お母様型の中でも人気はトップクラスだった。

このアドリア・ベルナベ選手、wowowの実況ではアドリの愛称で呼ばれ、
その注目度の高さも並の選手ではなかった。
下部組織の注目選手を探す趣味をお持ちの方は既に名前も知っているだろう。
「あれ?エスパニョールの子じゃなかったっけ?」と思った方も。
そう、筆者もエスパニョールの選手で記憶していたのだが、
今年になって、バルサが獲得していたのだった。
例によって熱烈なラブコールによって。
いやはや、バルサというクラブのしたたかさたるや脱帽である。

試合の方は、後に紹介するアンスー選手ら主力組の大活躍により、
日本の名だたるユースチームに大差をつけての圧勝でバルサが勝ち進んでいた。
大注目の久保君も、
渋滞によるバス到着の遅れもなんのその、
開始1分で見事なゴールを決めそのポテンシャルの高さを見せ付けた。
しかし、湿度と気温の高い日本の天候によって、
体調不良を訴える子供も少なくなかった。
選手交代は自由な為、大人達も選手に無理はさせずに元気な控え選手を投入させていた。

そこで投入されたのが20番をつけたアドリア・ベルナベ選手。


とにかく凄い。
筆者がメッシ君を初めて見た時の衝撃に似た感情、
それを再び彷彿とさせてくれるに十分なパフォーマンスだった。
小さな体ながら一切無駄なタッチはなく、
その一つ一つが実にイマジネーションに溢れていた。
普通の選手では考えつかないようなプレーを連発し、
「バルサのカンテラはここまで凄いのか」と会場中の人間が舌を巻いた。
敵に引きつけて味方へのノールックヒールパス、
狭い進路への華麗なステップドリブル、
芸術的なフライスルーパス・・・
どれをとっても超一流のプレーの数々だ。
しかもそれを瞬時に思いつき、いとも簡単に実現させてしまう技術の高さ。
まさに神童。

バルサカンテラからトップチームに上がる事の出来る選手は、現実的には殆どいない。
大半の有望選手は、
トップに上がれず活躍の場を求めて他チームに移籍してしまったり、
下部のまま機会を待ち続けていたりする。
あるいは、国に戻って活躍している選手もいる。
U-12の選手達も、その事は十分承知し、日々全力で戦っている。
プレーし続ける事で、結果を出して認めてもらう事で、
少しずつその夢への階段を登っているのだ。
久保君がバルサのカンテラに入った時筆者はその偉業が嬉しくて、
同じ日本人として誇りに思ったが、
今は彼ら若い有望選手達が想像を超える努力を続けている事に、
尊敬の念と誇らしさを持つようになった。
今回の大会も、彼らの人生を賭けた努力のほんの一部分を披露して貰っただけだ。
陰に隠れた日々の鍛錬の大切さを子供達から学んだ気がした。

■アドリア・ベルナベ
スピード      |★★★★★★☆☆☆☆ 6
持久力      |★★★★☆☆☆☆☆☆ 4
フィジカル   |★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 1
敏捷性    |★★★★★★☆☆☆☆ 6
得点力     |★★★★★☆☆☆☆☆ 5
突破力     |★★★★★★★☆☆☆ 7
守備力     |★★☆☆☆☆☆☆☆☆ 2
創造性    |★★★★★★★★★☆ 9
メンタル    |★★★☆☆☆☆☆☆☆
※ポテンシャル |★★★★★★★★★★ 10+
伸びしろ     |★★★★★★★★★★ 10+

更新が滞っていても上位でいられるのは皆様のおかげです。
いつも本当にありがとうございます。
↓↓↓

海外サッカー ブログランキングへ

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。