So-net無料ブログ作成

セバスティアン・コアテス ~覚醒の時を、虎視眈々に~

第三十三回
セバスティアン・コアテス(コーツ)
1990/10/7 ウルグアイ(代表キャップ11試合・1得点)
196cm 85kg
リバプールFC所属
セバスティアン・コアテス.png

今回紹介するのはこの選手。
ウルグアイ代表としても名を連ねる長身DF、セバスティアン・コアテスだ。
イングランド人の父と、ウルグアイ人の母を持ち、
首都モンテビデオ育ちのウルグアイ人である。
幼い頃からその素質は高く評価され、
ウルグアイの名門ナシオナル・モンテビデオのユースチームに所属、
若干19歳でトップチームデビューを果たした。
2011年夏、期限ギリギリでリバプールFCに移籍。
大きな期待を背負って父の祖国へと渡った。
順風満帆。満を持して。そう誰もが思っていた。

コアテスは、秀でた上背と、決して当たり負けしないフィジカルが武器で、
南米の選手らしい激しい試合を最も得意とする選手だ。
そして、最大の武器が正確なフィードキックだ。
中盤をカットして、足元から放たれる遠距離パスは、
ウルグアイ代表やリバプールにとって大きな武器となっている。

また、彼の恵まれた体格とDFとしての素質、
そして父の存在により言葉の壁がない、という強み。
これら全てがコアテスにとって天が与えた才と環境だった。
不安要素があるのならば誰か教えてほしい。

ところが、彼は渡英直後から大きな挫折を味わうこととなる。

リバプールに移籍した2011年9月18日。
対戦相手は強豪スパーズ。
デビューは突然だった。
リバプールはダニエル・アッガーを負傷により退かせる事になり、
交代要員としてコアテスを送り出した。
しかし、コアテスは味方との連携練習もまだ殆ど出来ておらず、
結果、守備は崩壊。
後手後手に回ったリバプールは退場者2名を出す荒れた試合となり、
0-4の大敗を喫した。

その後はバックアッパーとしてベンチを温めていたが、
翌10月26日、コアテスにチャンスが訪れた。
リーグカップ戦のアウェイのストーク戦でサイドバックを任されたのだ。
ところがそこでもコアテスは失態を犯してしまう。
不用意なボールロストから失点を招き、
アンフィールドのサポーターの信頼を失ってしまう。
「まだ、若いから」「しょうがない」こういった声も聞かれたが、
クラブ側はサイドバックでコアテスを起用することはなくなった。
意気揚々と望んだコアテスだったが、出鼻を挫かれた形となった。

それでも、本来のポジションであるCBで臨んだ翌月のリーグカップ。
コアテスはアウェイのチェルシー相手に素晴らしい活躍を見せる。
ロメル・ルカク、フェルナンド・トーレスを完封し、
見事勝利に貢献してみせたのだ。

16番の選手がコアテス。  再三に渡りチームのピンチを救っている。

この活躍を見たリバプールはこの時から、
3バックシステムも主力オプションとして用意出来るようになった。
翌年、コアテスは徐々に出場機会を増やし、
3バックの軸も任されるようになる。
そして迎えた3月21日QPR戦、
世界中のサッカーファンの度肝を抜くプレーを披露する。
リバプールがコーナーキックのチャンス。
オーバーラップしてペナルティエリアまで上がっていたコアテスは、
味方が撃ったシュートを敵DFが弾いた浮き球に対して、
豪快にバイシクルボレーをかまし、
驚くべき高さから絶妙な弾道で相手ゴールに突き刺してみせた。
とてもじゃないがDFのシュートではなかったと思えるのは、
直後にインタビューでチームメイトで祖国の先輩でもある、
ルイス・スアレスが嫉妬コメントを残した事からも伺える(笑

息をのむ程美しいゴール。  この場面でこのプレーを選択出来る閃きと度胸はあっぱれだ。

そして夏にはウルグアイ代表としてロンドン・オリンピックにも出場。
ゴディン、ルガーノといった一流の先輩にも劣らない働きを見せた。

しかし、その後はヘディングでゴールを挙げた以外は低調なパフォーマンスも多くなる。
オリンピック後からはややスランプ気味となっており、
出場機会もカップ戦が主となってしまっている。


彼のウィークポイントはフィジカルでもメンタルでもテクニックでもない。
ムラっ気にある。
度肝を抜くようなスーパープレーをしたかと思うと、
とんでもないボカをやらかして戦犯扱いをされる。
誰もが羨む天性の才を持っているのに、
それを常に発揮出来ないでいる所は、
インテルのアンドレア・ラノッキアによく似ている。

しかし、彼のこういったマイナス面の個人評価も、
近い将来には完全に払拭されると筆者は確信している。
そのためにはまず出場機会を増やして経験を積む事が条件だ。
それは別にレッズでなくとも、どこでもいい。
ウルグアイ代表としてでも、他クラブに移籍してでも、
どこでもいいのだ。
とにかく試合に出て実戦によってポテンシャルを引き出していければ。
コアテスの才能が完全に覚醒した時、
現役選手で太刀打ち出来る選手はいないのだから。

■セバスティアン・コアテス
スピード      |★★★★★★☆☆☆☆ 6
持久力      |★★★★★★★☆☆☆ 7
フィジカル   |★★★★★★★★★★ 10
得点力     |★★★★★★★★☆☆ 8
突破力     |★★★☆☆☆☆☆☆☆ 3
守備力     |★★★★★★★★☆☆ 8
創造性    |★★★★★★★★★★ 10
メンタル    |★★★★★★☆☆☆☆ 6
※ポテンシャル |★★★★★★★★★★ 10
伸びしろ     |★★★★★★★★☆☆ 8

おかげ様でフトラバがランキングで躍進中!
今後共ぽちっとお願いします♪
↓↓↓

海外サッカー ブログランキングへ

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。